toggle
痛みの医療への社会的責任をはたすための認定特定非営利活動法人 「いたみラボ」

過去のセミナー(H28年度)

■市民公開講座 タイトル「痛みを長引かせないために」
日時:H28年7月23日(土)
場所:栃木県総合文化センター 特別会議室
共催:NPO法人いたみ医学研究情報センター、独協医科大学麻酔科学講座
後援:栃木県医師会、一般財団法人宇都宮市医師会、株式会社下野新聞社、NHK宇都宮放送局、公益財団法人運動器の10年・日本協会
痛みを長引かせないために
講演内容
1)東京大学医学部附属病院 麻酔科・痛みセンター 笠原諭先生「痛みを長引かせてしまう意外な要因」
2)仙台ペインクリニック 院長 伊達久先生「長引く痛みから抜け出るには」

本公開講座にご参加いただきました皆様、講師の先生方をはじめ、ご協力いただきました皆様に深く感謝申し上げます。


市民公開講座&交流会 タイトル「難治性疼痛・慢性の痛み:『腰痛は、脳が原因?』の本当の意味~痛みの仕組みと治し方:わかったこと・わからないこと~」
日時:H28年8月7日(日)13時30分~16時30分
場所:KPガーデンシティ名古屋新幹線口 カンファレンスホール 4A
共催:NPO法人いたみ医学研究情報センター、難治性疼痛患者支援協会ぐっどばいペイン
難治性疼痛・慢性の痛み:『腰痛は、脳が原因?』の本当の意味
講演内容
(司会進行)NPO法人いたみ医学研究情報センター 事務局長 池本竜則先生
1)NHKディレクター 市川衛 氏「痛み治療の『これから』~取材を通して見えてきたこと~」
2)東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター特任教授・福島県立医科大学 医学部 疼痛医学講座 特任教授(兼務)松平浩先生「慢性の腰痛は、こうして克服しよう」
3)東京慈恵会医科大学 痛み脳科学センター長 加藤総夫先生「痛みは脳を変え、脳は痛みを変える~慢性痛の最新脳科学~」

※各講演の動画はこちら ▶

猛暑の中、満員の列席をいただき、盛況に開催することができました。ご協力いただきましたスタッフの皆さま、活命茶を御提供いただいた(株)キセラ様、また暑い中、ご列席いただきました皆様に感謝申し上げます。


■市民公開講座 タイトル「新しい痛み対策に対する医療のあり方~上手に痛みに向き合って健康寿命を延ばそう!~」
日時:H28年10月22日(土)13時00分~15時30分
場所:高岡市ふれあい福祉センター 多目的ホール
共催:NPO法人いたみ医学研究情報センター、難治性疼痛患者支援協会ぐっどばいペイン
新しい痛み対策に対する医療のあり方
講演内容
《基調講演》
衆議院議員 慢性の痛み対策議員連盟事務局長 橘慶一郎先生「慢性の痛み対策は医療改革の要~一億総活躍社会が目指す医療の形~」  
《講演》
1)富山大学附属病院 麻酔科診療科長 山崎光章先生「慢性の痛み治療について~チームで治す慢性痛~」
2)高岡整志会病院 院長 川岸利光先生「運動器(腰,頚,肩,膝など)慢性痛とその対応~科学的根拠に基づく医療から医療者と患者との信頼関係に基づく医療~」
3)富山県がん総合相談支援センター 統括相談員 内上ミワ子先生「がん患者さんの心を支える~がん相談の現場から伝えたいこと」   
《交流会》
厚生連高岡病院 救急科 原田樹先生「患者として、医師として、母親として~痛みに苦しむ患者さんに必要なこと~」
    
北陸での開催は初めてとなりましたが、大勢の方に会場まで足をお運びいただき盛況のうちに会を終えることが出来ました。本公開講座にご参加いただきました皆様、講師の先生方をはじめ、ご協力いただきました皆様に深く感謝申し上げます。


■市民公開講座 タイトル「長引く痛みから抜け出そう」
日時:H29年2月4日(土)15時00分~17時00分
場所:エルパーク仙台 セミナーホール
後援:宮城県、仙台市、宮城県医師会、仙台市医師会、NHK仙台放送局、TBC東北放送、仙台放送、KHB東日本放送、ミヤギテレビ、エフエム仙台、河北新報社
長引く痛みから抜け出そう
講演内容
(司会進行)仙台ペインクリニック 院長 伊達久先生
1)星槎大学大学院教育学研究科(行動分析学)教授 杉山尚子先生「行動分析学の観点から痛みの行動の問題点を指摘~痛みにとらわれた生活から抜けだすアドバイス」
2)東京大学医学部附属病院 22世紀医療センター 運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座 特任教授・福島県立医科大学 医学部 疼痛医学講座 特任教授 松平浩先生「NHK出演や多数の書籍でゆうめいな痛みの名医~痛みを自分でメンテナンスするコツを教えてくれる」

ご講演をいただきました先生方のお話しがとてもわかりやすく、聴講をしていただきました皆様が笑顔でお帰りいただけましたのが大変うれしく思いました。会場まで足をお運びいただきました皆様、ご講演をいただきました杉山先生、松平先生、司会をしていただきました伊達先生に感謝申し上げます。ありがとうございました。