toggle
痛みの医療への社会的責任をはたすための認定特定非営利活動法人 「いたみラボ」
2018-11-26

Topic No.13
歩行の余命や生涯医療費への影響について

Impact of walking on life expectancy and lifetime medical expenditure: the Ohsaki cohort study.
Nagai M et al. BMJ Open 1:e000240, 2011.

要約

「医療費は歩く量が多いと減少する」「歩行は死亡率の低下に関連する」という報告。

方法:
40-79歳,27738人のcohortを前向きに、医療費と生存率を13年間調査した。参加者を一日に一時間以上歩くか歩かないかに分けて、40歳からの余命と医療費を比較した。

結果:
40歳からの平均余命は、一時間以上歩く男性は、一時間未満の男性にくらべ有意に長かった。生涯の医療費も、長命にもかかわらず、一時間以上歩く男性の医療費は、一時間未満の男性のそれに比べ、7.6%有意に低かった。

コメント

慢性疼痛の治療の選択肢の一つに運動がある。歩行は簡便な運動のひとつであるが、それは生存率の延長、医療費を低下させることが示され、患者の動機づけになると思われる。

ホームページ担当委員:内山 徹