toggle
痛みの医療への社会的責任をはたすための認定特定非営利活動法人 「いたみラボ」
2018-11-26

Topic No.12
慢性疼痛患者では侵害刺激に対する側坐核の応答が変化している

Predicting value of pain and analgesia: nucleus accumbens response to noxious stimuli changes in the presence of chronic pain.
Baliki MN, Geha PY, Fields HL, Apkarian AV. Neuron 2010;66:149-60.

要約

慢性疼痛患者では侵害刺激に対する側坐核の応答が変化している。

方法:
慢性腰背部痛患者(CBP)と対照健常者(healthy)に,腰背部に熱刺激を繰り返し加え、fMRIで比較した。次に、CBP群で、側坐核と脳の他の部位との機能的結合性の違いについて、healthy群と比較した。。

結果:
賦活した神経核は,CBP群、healthy群も,視床,一次/二次感覚野,島皮質,帯状皮質,側坐核,扁桃体など,両群で類似していたが、CBP群では、healthy群に比較して,側坐核(NAc) の活動が、極めて高い確率で脳活動が低下していた(図上段)。
両群で、NAcは、両側扁桃体、尾状核、被殻、視床内側領域、PAG、腹側線条体、前帯状回(ACC)と有意な結合性を示した。両群とも、側坐核と島皮質、内側前頭前皮質の機能的結合性が高かった(図下段A)。またCBP患者では、自発痛の大きさが強いほど、側坐核と内側前頭前皮質の機能的結合性が高くなり、相関関係が認められた(図下段B)。痛みが強いほど、これらの脳領域で、より多くの情報が共有されていることが示唆された。赤のシンボルはCBP、ブルーの●は、健常被験者(図下段B)。

コメント

側坐核の活動は、慢性疼痛の痛みの緩和に重要な役割を果たしている。慢性疼痛患者では、不安、ストレスにより、ドーパミン鎮痛系の中枢である側坐核の機能が低下し、中枢性鎮痛機構の活動が低下している。慢性疼痛とは、脳内の可塑的変化により、中枢性鎮痛機構がうまく働いていない状態であると推察される。

ホームページ担当委員:福井 弥己郎